トップページ > ウェディングコラム > プランナーがおススメしたい!和装にピッタリの演出3選

Column ウェディングコラム

プランナーがおススメしたい!和装にピッタリの演出3選

CATEGORY : 『和婚』のあれこれ


結婚式で和装をお召しになる新郎新婦の皆さま、どんな演出をするか、お決まりですか?
今回は、私たちウェディングプランナーがおススメしたい、
和装にピッタリの演出をご紹介いたします!


☆鏡開き

和装の結婚式では定番になりつつある鏡開きですが、
乾杯前の緊張感漂う空間が一気に盛り上がります!
新郎新婦だけでなく、ゲストにもご参加いただくことで、
より一層一体感が生まれ、盛り上がります。
かつての日本では丸い形のものを『鏡』と呼び、『円満』の象徴でした。
『拓く』には『未来を切り拓く』という意味が込められており、
新郎新婦様の門出を祝うにとても縁起の良い演出です。

☆筥迫(はこせこ)の儀

『筥迫(はこせこ)』とは、
江戸時代に女性が懐紙や鏡などを持ち歩く際に使っていた小物入れのことです。
花嫁支度の仕上げに、新婦お母様より新婦の胸元へ、『筥迫』を差していただく演出。
「いつまでも女性として美しくありなさい」というお母様からのメッセージが込められており、
キリスト教式の『ベールダウン』のように、魔除けの意味も込められています。
新婦様とお母様だけの、穏やかで優しい時間を過ごしていただけます。
人前式などの演出として、また、お支度が整った後、お部屋でゆっくり行っていただくのもおススメです。

☆だるまの目入れ

縁起物のだるまに目入れをしていただく演出。
「新郎新婦様が幸せになりますように」という願いを込めながらゲストに片目を入れていただき、
新郎新婦様がゲストの想いを受け取って、もう片目を入れて開眼させるも良し、
新郎新婦様の願いが叶ったタイミングで開眼させるも良し。
人前式・披露宴どちらでも使用でき、ゲストも参加できるおススメ演出です。

いかがでしたか?せっかく和装をお召しになるのであれば、思い切って和に振り切った演出をしてみるのはいかがでしょうか。きっとゲストの皆様の記憶に、いつまでも残ることでしょう。

                       TOMORROW WEDDING

- すべてのカップルに結婚式を -
TOMORROW WEDDING
ザ・ホスピタリティチーム株式会社
サロン/〒390-0852 長野県松本市島立860-1-202

関連するコラム

  • 関連記事がありません

Access サロンアクセス

TOMORROW WEDDING
ザ・ホスピタリティチーム株式会社
サロン/〒390-0852 長野県松本市島立860-1-202
TEL:0263-50-8801

お車でお越しの場合
国道158号線沿い
松本インター出口より車で1分

バスでお越しの場合
「松本合同庁舎」降車 徒歩7分

公共交通機関でお越しの場合
JR松本駅より送迎あり
(※要予約・無料)車で10分

Google mapで見る