フォト婚を徹底サポートフォト婚コンシェルジュはこちら
トップページ > ウェディングコラム > 失敗しない!新郎謝辞のポイント

Column ウェディングコラム

失敗しない!新郎謝辞のポイント

CATEGORY : for新郎新婦様準備中のあれこれ

結婚式の結びと言えば「新郎謝辞」
これまで支えてくださったゲストの皆様や育ててくれた
親御様へ感謝の気持ちを伝える、とても大事なシーンです。
そこで今回は、「失敗しない!新郎謝辞のポイント」をご説明いたします。
ぜひ参考になさってください☆彡


◎ポイント1 話す長さは2~3分!

結婚式の結びの場面です。長すぎるとゲストも疲れてしまい、
大事なことが伝わりにくくなってしまいます。
ゆっくり話して2~3分程度が目安。伝えたいことを簡潔にまとめましょう。
ゆっくり話すことで堂々として見え、お相手の親御様や
ゲストからも良い印象になること間違いなしです!


◎ポイント2 文章の構成を立てる!

文章を考える時の基本、「起承転結」。
結婚式の謝辞も同様に、
「冒頭」「本題」「結び」の3部構成にすることで、
文章にまとまりが出て、言いたいことが伝わりやすくなります。

[冒頭]
まずは本日集まってくださったゲストの皆様へ、感謝の言葉を。
具体的に受付やスピーチをしてくださった方のお名前を挙げたり、
「こんなシーンが感動した」など、当日感じたことをお話しできるとベストです。

[本題]
新郎新婦様のこれまでのエピソードや、これからの結婚生活での豊富など
おふたりらしさを出すことが成功のポイント!

また、ご新郎様自身の親御様へ、感謝のメッセージを伝えていただくと
サプライズ感があり、より感動的になります。
ご新婦様の親御様へ
「娘さんをこれから守っていきます」の決意表明をするのもおススメです。

[結び]
ゲストの皆様へ「これからもご指導をよろしくお願いします」のご挨拶を。
本題の後なので、簡潔な言葉で伝えましょう。

◎ポイント3 原稿を用意しておく!

原稿は読まずにご自身の言葉で、しっかり感謝を伝えられることがベストです。
ですが、いざそのシーンになると緊張したり、泣いてしまって頭が真っ白になることも。
そのために原稿は必ず用意しておき、お守り代わりに持っておくことをおススメします。
もちろん暗記する自信のない方は、始めから原稿を呼んでもOK!
大事なのは、「ゆっくり、自分の言葉で」伝えることです。


◎結びに

結婚式の準備をする中で、「新郎謝辞を考える」というのは、
新郎様にとってはちょっと憂鬱な作業かもしれません。
また、当日は結びの謝辞のシーンまで、気持ちが落ち着かないかもしれません。
ですが、おふたりらしい言葉で感謝の言葉を伝えること、決意表明をすることで、
周りの方々も、これからのおふたりを温かく見守り応援してくださることと思います。
是非、今回のポイントを踏まえて「新郎謝辞」を成功させてくださいね。
                            


TOMORROW WEDDING



- すべてのカップルに結婚式を -
TOMORROW WEDDING
ザ・ホスピタリティチーム株式会社
サロン/〒390-0852 長野県松本市島立860-1-202
会場オンライン見学&相談会。遠方にお住まいのおふたり、外出をできるだけ控えたいおふたり…状況や環境に合わせてzoom等のオンラインを使用しての会場見学や相談会も開催しております。詳しくはこちら会場オンライン見学&相談会。遠方にお住まいのおふたり、外出をできるだけ控えたいおふたり…状況や環境に合わせてzoom等のオンラインを使用しての会場見学や相談会も開催しております。詳しくはこちら

Access サロンアクセス

TOMORROW WEDDING
ザ・ホスピタリティチーム株式会社
サロン/〒390-0852 長野県松本市島立860-1-202
TEL:0263-50-8801

お車でお越しの場合
国道158号線沿い
松本インター出口より車で1分

バスでお越しの場合
「松本合同庁舎」降車 徒歩7分

公共交通機関でお越しの場合
JR松本駅より送迎あり
(※要予約・無料)車で10分

Google mapで見る